キャバクラと風俗どちらが大変?それぞれメリットとデメリットについて

女性がお金を稼ごうと思ったら、やはりキャバクラや風俗などの夜の仕事で稼ぐのが手っ取り早い方法です。しかし、キャバクラと風俗では、どちらのほうが稼ぎやすく、どちらのほうが大変なのでしょうか。今回は、名古屋で女性がお金を稼ぐときに、キャバクラの求人と風俗求人のどちらを選ぶべきなのか解説します。

キャバクラは性的なサービスをしなくても稼げるがこまめな営業活動が必要

キャバクラで働く最大のメリットは、性的なサービスをしなくても稼げるという点です。とくに人の話を聞くのが得意という人は、客に気に入られて高い時給を手に入れることができます。また、人気がなくても報酬が0円になることはありません。

しかしキャバクラでは、自分の客をしっかりキープして、お店で指名してもらわないといけないため、お店の外でもデートをするなどのこまめな営業活動が必要になります。そのため話し好きでも、面倒なことが嫌いな人は、キャバクラにはあまり向いていません。

風俗は性的サービスに抵抗がなければストレスなく大金が稼げる

風俗のメリットは、報酬の高さです。とくに、多くの客を抱える人気の風俗嬢は、毎月200万円以上稼ぐ人もいます。風俗の仕事は完全に歩合制なため、客が全くつかないと報酬も0円になってしまいますが、人気になれば風俗以上に稼ぐことができます。

また肉体的には、キャバクラより疲れますが、仕事外で客にサービスする必要がなく、仕事とプライベートを完全に分けることができます。また、ノルマなどがないことが多いので、性的サービスに抵抗がなければ、面倒が嫌いな人でもストレスを貯めることなく仕事ができます。

キャバクラと風俗の大変さは人によって変わる

キャバクラと風俗にはそれぞれ、違ったメリットがあり、どちらが大変かどうかは人によって変わります。名古屋で手っ取り早く稼ぎたい女性は、自分の性格に合わせてどちらの仕事をするか考えてみてください。

関連する記事

Read Also